ストレスをどうすればよいのか?

人の心理状態は極めて病気とリンクしてます。
ストレスがたまると免疫力が低下したり頭痛や過食などにつながってきます。
これを予防するには心身を健康にするしかありません。
ストレスをためないためにもまず自分を苦しめている要因をさがすのです。
それを思っただけ紙に書きましょう。
ストレスの正体とは見えないものに対する恐怖や不安、そういった類のことが多いのです。
それを表面化することにより安心したり人に話したりすることによって心が安らぐことがあります。
ストレスをためるのはがんの発生率をあげてしまいます。
適度なリラックスをしたり健康に良いと思うことを自分で探してみましょう。

ストレスと逆のことをリラックス反応といいます。
交感神経の異常な興奮をストレスと呼ぶのですがこれをリラックスすることによって抑えることができます。
筋肉の緊張をほぐす時には肩をもんだり体をほぐすストレッチをしたりします。
まず環境の準備としてはリラクゼーションが気持ちよく行える場所を選びましょう。
はじめは電話のベルや人の話し声、あるいは外部からの騒音などに邪魔されないところを選びます
気持ちが休まり、適度な温度で照明は少し暗いところが良いと言われています。
衣服は露出を気にしないで筋肉を緊張させたり手首を自由に動かせる着心地の良いものがいいでしょう。
窮屈なものはさけましょう。
メガネやコンタクトをはずし、靴は脱いでください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3551933

この記事へのトラックバック