がん予防につながる生活の方法

がん予防につながる生活の方法
癌の原因となるもの
・喫煙
・飲酒
・食品に含まれる化学物質
・X線、紫外線などの放射線
・ストレス
・ウィルス

こういったものは遺伝子に障害をあたえます。
そして突然変異を引き起こします。
また、がんウィルスはDNAに入り込み遺伝情報を狂わせることも知られています。


ガン予防につながる生活の方法がんは身体の中の1つの細胞の異常な増殖によって発生します。
これを個人の努力で防ぐことができないものもありますが生活によってはそれを予防できるものもいくつかあります。
それには食生活に注意することと免疫力の向上に役立つ身体運動をしたりストレスがたまらない生活を送ることが大事だといわれています。
とりあえずがん予防に役立ついくつかについてご紹介させていただきます。

食品の中には細胞遺伝子に作用して突然変異を引き起こす物質が含まれていることがたまにあります。
また、その作用を抑える物質が含まれている食品もありますのでそういったバランスを考えて食事を心がけることが大事です。
一度に大量の食事を取ることはいに負担をかけてしまうためこれは胃がんの原因になってしまいます。
ですからできるだけ大食いは避けましょう。
しかも栄養の取りすぎや肥満はがん細胞の増殖を早める結果になってしまうためこれも注意が必要です。さらに香辛料を多く使って調理したものや熱い食事は胃がんや食道がんの発生率を上げてしまいます。
毎日料理を多量に食べることはあまりお勧めできないといえます。