癌の予防方法について知りたい時

がんの予防法について知りたいとき
がんというのはもともとどのような病気なのでしょうか?
これは体内に異常な細胞が生体の調和を無視して無限に増殖し近くの組織犯すもの。
そして血液やリンパ液などを通して他の組織や臓器に移転することによって、臓器不全や様々な病的状態を引き起こし進行すると患者をしに至らしめる病気
という風に提言されています。
がん細胞は分裂を始めてからおよそ20年から30年異常症状が出るまでにかかるといわれています。しかし中には発見されてからわずか数ヶ月でしにいたってしまうがんもあります。
がんが発見されてから平均的な生存期間は2年半という風に言われています。
現在日本人の年齢別の死亡率は30歳から増え始めて79歳に最大に達します。
日本の死亡率の4分の1はがんで亡くなっており死亡原因の1位になっています。