ガンの治療法について


がんの治療法について知りたいとき
すい臓がんの診断にはいくつもの検査があります。これは受診してから最低でも1週間はかかります。
そのためその間に原因がわからないため本格的な治療を行うことはできません。
検査の結果がすい臓がんであった場合は医師の方からきちんとすい臓がんであることが告げられ治療方針が伝えられます。
しかしすい臓がんはやはりあまり治療するみこみが他に比べて薄いのが現状です。
医師にがんの性質や治療方針をしっかり聞き、十分に納得した上で治療を受けるようにしてください。

治療法の選択
膵切手術には主に3つの方法があります。
同時に膵臓近辺のリンパ節を取り除く標準手術かそれより遠いリンパ節をとりのぞいてしまう拡大手術があります。
ただすい臓がんの場合切除後2年以内に再発する例が多く社会復帰に長期間を要する場合があります。
このため拡大手術を行うのに否定的な医師も多くいます。
一般には切除手術と放射線照射、および手術後の化学療法と放射線療法、免疫療法などを組み合わせた就業両方を行って完璧に治療することをします。
ですががんがかなり広がっている場合は完治することが不可能なため苦痛を緩和する療法が行われます。