ガンの治療法について


がんの治療法について知りたいとき
すい臓がんの診断にはいくつもの検査があります。これは受診してから最低でも1週間はかかります。
そのためその間に原因がわからないため本格的な治療を行うことはできません。
検査の結果がすい臓がんであった場合は医師の方からきちんとすい臓がんであることが告げられ治療方針が伝えられます。
しかしすい臓がんはやはりあまり治療するみこみが他に比べて薄いのが現状です。
医師にがんの性質や治療方針をしっかり聞き、十分に納得した上で治療を受けるようにしてください。

治療法の選択
膵切手術には主に3つの方法があります。
同時に膵臓近辺のリンパ節を取り除く標準手術かそれより遠いリンパ節をとりのぞいてしまう拡大手術があります。
ただすい臓がんの場合切除後2年以内に再発する例が多く社会復帰に長期間を要する場合があります。
このため拡大手術を行うのに否定的な医師も多くいます。
一般には切除手術と放射線照射、および手術後の化学療法と放射線療法、免疫療法などを組み合わせた就業両方を行って完璧に治療することをします。
ですががんがかなり広がっている場合は完治することが不可能なため苦痛を緩和する療法が行われます。

癌の予防方法について知りたい時

がんの予防法について知りたいとき
がんというのはもともとどのような病気なのでしょうか?
これは体内に異常な細胞が生体の調和を無視して無限に増殖し近くの組織犯すもの。
そして血液やリンパ液などを通して他の組織や臓器に移転することによって、臓器不全や様々な病的状態を引き起こし進行すると患者をしに至らしめる病気
という風に提言されています。
がん細胞は分裂を始めてからおよそ20年から30年異常症状が出るまでにかかるといわれています。しかし中には発見されてからわずか数ヶ月でしにいたってしまうがんもあります。
がんが発見されてから平均的な生存期間は2年半という風に言われています。
現在日本人の年齢別の死亡率は30歳から増え始めて79歳に最大に達します。
日本の死亡率の4分の1はがんで亡くなっており死亡原因の1位になっています。

がん予防につながる生活の方法

がん予防につながる生活の方法
癌の原因となるもの
・喫煙
・飲酒
・食品に含まれる化学物質
・X線、紫外線などの放射線
・ストレス
・ウィルス

こういったものは遺伝子に障害をあたえます。
そして突然変異を引き起こします。
また、がんウィルスはDNAに入り込み遺伝情報を狂わせることも知られています。


ガン予防につながる生活の方法がんは身体の中の1つの細胞の異常な増殖によって発生します。
これを個人の努力で防ぐことができないものもありますが生活によってはそれを予防できるものもいくつかあります。
それには食生活に注意することと免疫力の向上に役立つ身体運動をしたりストレスがたまらない生活を送ることが大事だといわれています。
とりあえずがん予防に役立ついくつかについてご紹介させていただきます。

食品の中には細胞遺伝子に作用して突然変異を引き起こす物質が含まれていることがたまにあります。
また、その作用を抑える物質が含まれている食品もありますのでそういったバランスを考えて食事を心がけることが大事です。
一度に大量の食事を取ることはいに負担をかけてしまうためこれは胃がんの原因になってしまいます。
ですからできるだけ大食いは避けましょう。
しかも栄養の取りすぎや肥満はがん細胞の増殖を早める結果になってしまうためこれも注意が必要です。さらに香辛料を多く使って調理したものや熱い食事は胃がんや食道がんの発生率を上げてしまいます。
毎日料理を多量に食べることはあまりお勧めできないといえます。

癌にならない食事

がん細胞の発生を抑制する食事
おもにビタミンAやC、Eががんの発生を抑制するといわれています。
これに関しては緑黄色野菜がベストです。
また食物繊維は腸の活性化に役立ちます。
便通に貢献しますので悪性物質がたまることを防ぐ効果があります。
また味噌汁は塩分さえ気をつければ胃がん防止の効果があります。
焼き魚や焼肉などの焦げ目は発ガン性物質がふくまれているといわれます。 
こうしたものに大根おろしなどを加えるとより発がん性を抑えることができます。
ピーナッツなどはカビによってがんの原因となる物質が含まれています。
もしすこしでもカビが生えていたら危険ですので捨てた方がいいです。
これはもったいないとか言うよりも命と直接関ってきますのでどうにかしてこれを注意していただけるといいと思います。

ストレスをどうすればよいのか?

人の心理状態は極めて病気とリンクしてます。
ストレスがたまると免疫力が低下したり頭痛や過食などにつながってきます。
これを予防するには心身を健康にするしかありません。
ストレスをためないためにもまず自分を苦しめている要因をさがすのです。
それを思っただけ紙に書きましょう。
ストレスの正体とは見えないものに対する恐怖や不安、そういった類のことが多いのです。
それを表面化することにより安心したり人に話したりすることによって心が安らぐことがあります。
ストレスをためるのはがんの発生率をあげてしまいます。
適度なリラックスをしたり健康に良いと思うことを自分で探してみましょう。

ストレスと逆のことをリラックス反応といいます。
交感神経の異常な興奮をストレスと呼ぶのですがこれをリラックスすることによって抑えることができます。
筋肉の緊張をほぐす時には肩をもんだり体をほぐすストレッチをしたりします。
まず環境の準備としてはリラクゼーションが気持ちよく行える場所を選びましょう。
はじめは電話のベルや人の話し声、あるいは外部からの騒音などに邪魔されないところを選びます
気持ちが休まり、適度な温度で照明は少し暗いところが良いと言われています。
衣服は露出を気にしないで筋肉を緊張させたり手首を自由に動かせる着心地の良いものがいいでしょう。
窮屈なものはさけましょう。
メガネやコンタクトをはずし、靴は脱いでください。